食育指導士講座情報

食育指導士講座情報。食育の指導といえば松居一代さんや服部先生が有名です。食育指導士や食育インストラクターの講座も開催されています。これらの食育講座は通信講座でも行われています。こうした食育の資格を取得する人も増えてきています。また食育をとりいれた給食をだす小学校、労働における水産給食科学、地産地消のおかずやごはん、食育白書にもとづいた食育指導を行う機関もあります。

メニュー| 食育指導士、食育インストラクターとは | 食育推進の企業の動きと食育指導教材について | 食育に対する政府の取り組みと食育指導士の活躍の場について | 食育の基礎と食育・美容ダイエット | 食育(しょくいく)の基本は旬の食材を適切に選び摂ること | 食育保育園と食育に関する教材や本について |

食育指導士、食育インストラクターとは

食育教育については、医学博士・料理評論家である服部幸應(はっとりゆきお)先生が第一人者です

食育という言葉は、明治時代に西洋医学・栄養学否定運動を展開した陸軍漢方医、石塚左玄が『通俗食物養生法』(1898年(明治31年)「今日、學童を持つ人は、體育も智育も才育もすべて食育にあると認識すべき」)で造語しましました。なお、食育教育については、医学博士・料理評論家である服部幸應(はっとりゆきお)先生が第一人者です。服部幸應先生主催の食育指導士、食育インストラクター講座(通信講座)も開催されています。

食育に関する教材や本(たくさんのタイトルがあります)やゲーム、カルタ、食育問題にとりくんでいる活動もあり、食育の意味や指針をだす企業もふえてきています。食育に関する法律・条例や食育にともなう栄養学、食育の必要性も近年重視されるようになり、食育指導士や食育インストラクターのもと食育の講演や食育イベントも各地で開催されています。

企業の食育に関する取り組みも活発になっていて、たとえばエーエム・ピーエム・ジャパンは2007年4月10日、健康や環境面に配慮した活動を行う「カラダにキブンにイイコトクラブ」を発足しました。タレントの安田美沙子さんや料理研究科の藤野嘉子さんらをオピニオン・キャラクターに起用して商品開発や環境活動を展開しています。「カラダにキブンにイイコトクラブ」では、"おとなの食育"をテーマにおいしさとヘルシーさを兼ね備えた商品の開発に取り組んでいく。としています。また、社団法人日本歯科医師会や日本栄養士会などが後援する「よい歯と食育推進委員会」とも連携し、活動を推進していく予定だそうです。

食育への注目度、期待度は今後増すばかりだといえます。学校や病院、福祉施設、保育園、保健所、地方自治体、食品関連会社など、食育インストラクターの活躍の場は幅広くさまざまです。食育指導士や食育インストラクターは食育の普及・推進の一端を担う新しい力としての期待されています。ぜひあなたも食育を学び実践し、自ら健康になるとともにその知識を社会に還元していってはいかがでしょう。